トゥムリー、ダードラー

トゥムリー、ダードラー

 

ライトクラシカルの代表的な2つのガートを、トゥムリー、ダードラーという。トゥムリーとダードラーの区別をするのには、いろいろと混乱が多い。テンポの違い以外、扱われやすいラーガ、タールが同じで、テーマ性も同じで、言葉を使ったフレージングを多用する、という表現方法も同じだからだ。トゥムリーはゆったりとしたテンポで展開し、ダードラーは軽快なテンポで演奏される。テンポは、バンディッシュの構造、細かなフレージングに影響を与える。

トゥムリーとダードラーの明らかな違いは、演奏されるテンポ、それはヴィランビット(ゆっくり、大きな)・キヤールと、ドゥルット(速い、小さい)・キヤールの違いのようなものだ。

 

Thmuri :Mishra Kafee Sthaayi トゥムリー:ミシュラ・カーフィーのスターイ

 

 

Daadraa : Mishra Kafee Sthaayi ダードラー:ミシュラ・カーフィーのスターイ

audio guidance by Chetna Banawat

 

非常にフェミニンな、女性的な性質をもち、ロマンティックなテーマが扱われ、ほとんどが、クリシュナ神とその恋人、ラーダーの物語がモティーフになっている。

 

ガート:トゥムリー

ラーグ:ミシュラ カマージ

タール:ディープチャンディ

 

歌詞

スターイ

kaun galee gayo shyaam, moraa shyaam

コウン ガレー ガヨ シャーム、モラー シャーム

o sakhi bataade ree ||

オー サキー バターデ リー

 

 

アンタラー

 

gokula dhoondhee, brindaavana dhoondhee,

ゴクラ ドゥーンディー、ブリンダーヴァナ ドゥーンディー

dhoondhee phiree main, saba gaavon re ||1||

ドゥーンディー フィリー メイン、サバ ガーヴォン レ

 

日本語:スターイ:友よ、教えてちょうだい! シャーム、わたしの愛するシャームはどちらの道を行ったの?

アンタラー:ゴクルも探したしブリンダーヴァンも探したのに 村という村、探し回ったというのに 

シャーム あなたは一体 どこに行ってしまったの?

*スターイのバンディッシュはトラディショナルコンポジション

訳注:シャームは、クリシュナ神の別名。ゴクルとブリンダーヴァンは地名、クリシュナが幼少期過ごしたと言われる地名。

audio guidance by Dr. Prabha Atre

 

 

 

ガート:ダードラー

ラーグ:ミシュラ パハリ

タール:ダードラー

 

歌詞

スターイ

 

 

kaagaa re jaare jaa

カーガー レ ジャーレ ジャー

jaare piyaa ke daesa

ジャーレ ピヤー ケ デエサ

le jaa moraa sandesa||

レ ジャー モラー サンデサ

 

アンタラー

una bina moraa jiyaa 

ウナ ビナ モラー ジヤー

laage naa, laage naa

ラーゲ ナー、ラーゲ ナー

bhara aaye nainaa soojhata naa ||1|| 

バラ アーイエ ナイナー スージャタ ナー

 

日本語:スターイ:鳥よ飛んでおゆきよ 飛んで行っておくれ あの人のいる場所へ 

早く飛んで行っておくれ わたしの想いを伝えておくれ

アンタラー:あの人がいないと 心が落ち着かない 寂しくて 瞳に涙があふれてしまう



   

                              audio guidance by Dr. Prabha Atre

 

 

 

◆このページの内容は全て、Dr.Prabha Atre著 「Enlightening the Listener」からの翻訳です。