7. キヤールにおけるタールの役割