16. UCLA大学での学びと指導